■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
雨に濡れるモミジ
 朝から久しぶりに雨がしとしとと降り続いて、紅葉した落ち葉がしっとりと濡れている。最近読んだ平家物語「橋合戦」、「宮御最後(みやのごさいご)」の段を思い出した。


 知盛率いる平家の軍勢二万八千余騎、宇治川の対岸、平等院にいる高倉宮と源頼政らの反乱軍に向かって渡河を敢行する場面だ。



H221122落葉


   いかヾ(如何)したりけん、伊賀・伊勢両國の官兵、馬(むま)いかだ(筏)おしやぶ

   (破)られ、水におぼれて六百余騎ぞながれける。萌黄(もえぎ)・火威(ひおどし)・

   赤威(あかおどし)、いろいろの鎧(よろひ)のうきぬしづ(沈)みぬゆられけるは、

   神なび山の紅葉ばの、嶺の嵐にさそはれて、龍田河(たつたがは)の秋の暮、いせきに

   かヽ(ッ)てなが(流)れもやらぬにことならず。




     神なび山:三室山とも呼ばれ、ふもとを流れる竜田川とともにもみじの名所で知られる
     いせき:土木で河流をせきとめたところ




スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 21:40:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。