■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仕事の進め方
 一人で作業を始めるのは中々大変なのだ。「ああ、こんなにあるのか」と思うと手が出ない。そういう時は「オトコは黙って・・・」で、兎に角始めるのが一番だ。


 白山には現在、モモの幼木が11本ある。幼木の周りには藁を切ったのが入れてあって、そこには雑草が伸びている。そこで雑草を刈り、腐りかけた藁と一緒に周りに置く。木の周りが冬の間、雑草が生えたりネズミの巣にならないようにきれいにしておくわけだ。先ず一本を終わらせる。すると「1割終わったナ、もう一本やると2割終わるナ」と思う。3本終わったら「もう三分の一も終わったぞ」、4本やったら「もうすぐ半分だ」、5本やったら「半分やった」、6本やったら「たいしたもんだ、こんな時間で半分以上終わった」と考える。


 少しでも仕事が進んだら自分を褒めてやり、励ますわけだナ。できるだけ一仕事の区切りは少ないと言うか、短いほうが好い。ちょっぴりでも一仕事の区切りまでこぎつければ満足感が得られる。




H221121白山の冬支度 雑草や藁を早く腐らせたいと、先日乗用モアで刈ったトールフェスクをその上に乗せた。みんな堆肥になるからな。これで一本アガリ! 草刈りをしたら随分大勢の冬眠中のカエルを掘り出してしまった。今日は暖かだったからカエルは暖かい場所を探して、のそのそと動いていった。


 残りはあと2本だけになった!


スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 21:49:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。