■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
謡曲「紅葉狩」の舞台
 天気はまずまず、何となく出かけたくなってカミサンと「戸隠」へソバでも食べに行こうということになった。紅葉がどんなかと回り道をしていくことにしたが、途中であまりの山道に(今更知ったわけではないが)裾花川に出たところで目標を変更して「鬼無里」へ行くことにした。数年前までは何回か来ていたが、最近は何となく訪れなくなっていたところだ。鬼無里といえば謡曲「紅葉狩」の舞台となったところ。


H221013鬼無里の秋景色 鬼無里へ行くには大別すると長野から裾花川に沿って西上するルート、国道19号から北へ二つほど山を越えて行くルート、糸魚川街道白馬から入る三つのルートがある。そういう言い方をするとアルプスにでも登山するような感じだが、山超えルートは実際に山また山の素晴らしい景色を眺めることができる。裾花川の両岸に広がるわずかな平地、平維茂の頃はきっと雑木しかない山中だったんだろうナ。晩秋の錦織り成す景色と厳しい冬を迎える寂しさと、鬼女が紅葉狩りをするには絶好の舞台だ。かの昔にどうしてここを舞台に選べたのか???



H221013鬼無里松巖寺縁起 「松巖寺」は「紅葉」と深く関わったお寺だ。そのお寺の縁起を読むと鬼女紅葉伝説が非常によくわかる。一読を乞う。



H221013鬼無里鬼女紅葉の墓所 何と、この松巖寺には鬼女紅葉のお墓があった。それだけではない、鬼女紅葉の家臣のお墓まであるのだ。ここで夜を徹して鬼女紅葉の菩提を弔うお経をあげていれば、ひょっとして紅葉の優艶な姿を見ることができるかも・・・・



H221013鬼無里松巖寺の紅葉 今年は紅葉が10日ほど遅れているという。わずかに始まった紅葉だが、これだけでも紅葉の美しさが偲ばれる。10日か2週間くらいしてもう一度来たいもんだ。そのときは今日行かれなかった紅葉が立てこもった洞窟を見て、戸隠でソバを食べるというコースだな。



スポンサーサイト


信州の風景 | 18:48:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。