■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
またまた分封、三回目?
 いやはや、魂消た。二日連続して分封が起きた。

 今日は30度を越える暑さですっかり参ってしまって、午後2時半ごろ昼寝から目覚めた。何やら庭のほうがうるさいので見ると、例の松の付近をまたまた日本ミツバチがブンブン飛び交っているではないか。昨日分封したんだから今日は休み、と思っていたからこれには魂消た。

 でも流石だね、二回目というか三回目というか、分封を目の前にして少しも騒がず・・・・・ 予てより準備してあった巣箱を運び込み、お椀を片手に群れが松の木に球になって落ち着くのを待ったというもんだ。



H220505三回目の分蜂群 昨日の群れより少し少ない。ということは一回目(5月1日)は分封未遂事件で、昨日4日が第一回目の分封、今日が二回目ということになりそうだ。


H220505三回目の分蜂 落ち着いたところをお椀で静かに掬い取って巣箱にそっと入れる。二、三杯掬って巣箱に入れてから蓋をして、今度は巣箱を持ち上げて巣門を残った群れに近づけて待っていると少しずつハチが入っていくのだ。


 と書いてくると簡単そうに思うだろうが、そう簡単ではない。どうも落ち着いたと思って仕事にかかったが未だ早かった? というのは残ったハチたちがまた球をつくってお椀で掬い取れないのだ。金稜辺で騙くらかして取り込もうと思ったが失敗。持久戦に持ち込んでみたが5時半を回っても球のままだ。つまり巣箱に収まったのと球のと二群のまま夕方になり、このまま徹夜かという状況になった。

 齢をとると持久戦は不利と見て、ワシは決死の覚悟を決めた。もうひとつ巣箱を運び込み蜂球を今度は両手で掬い取って、そのまま巣門の前で手を広げるとだうだ。ハチたちがいそいそと入っていくではないか。二つの巣箱を定位置に重ねておいて明朝まで放置、様子を見るのだ。どうだ、年寄りの知恵は!


 約3時間半に及んだこの戦闘、しかも二日続きの激戦でさすがのワシもくたくた。考えてみればこのハチたちはもともとワシの巣箱に居たんだから、全部ワシが取り込んで当たり前ということになる。何だか労力を浪費したというだけ???



スポンサーサイト


挑戦! 日本ミツバチの飼育 | 21:54:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。