■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
社会福祉推進の視点から防災活動を考えるセミナー
 「社会福祉推進の視点から防災活動を考えるセミナー」というのが長野市社会福祉協議会の主催で開催された。折りしもチリの大地震による津波警報で日本中が揺れたときだったし、地域の防災体制という点で関心があったので聞いてきた。

 地域で隣近所の関係が深ければ、大災害があったときに安否確認や救助がスムーズにいくという話は阪神淡路大震災や新潟地震のときの教訓だ。最近はそういう深い関係が薄れ、とかく隣は何をする人ぞという傾向が強くなった。普段からお付き合いを深めて、いざというときに駆けつけてくれる関係を築こうということは結構なことだ。

 お年寄りや身体の不自由な人などと面談し、個人情報を守りながら台帳を整備し防災マップを作成するという活動を地域に展開しようという長野市の動きに、ワシ等の地元も遅れないようにしたいもんだ。


 会場に地区ごとに社会福祉推進員の活動を模造紙で発表してあった。川中島の活動も出ていたので楽しみながら見てきた。



H220302社会福祉推進1.jpg 川中島地区27,144人9881世帯をまとめるキャッチフレーズは「ふれあい ささえあい みとめあい」。川中島フェスティバルで中津、川中島、御厨から出る宝船はそれぞれふれあい号、ささえあい号、みとめあい号と名づけられている。


H220302社会福祉推進2.jpg 12支部93名の社会福祉推進員が「お茶のみサロン」という活動を通じて、親睦を深めながら見守りしていてくれるんだそうな。いろいろ勉強しながら頑張っていてくれるんだなあ。


H220302社会福祉推進3.jpg 去年、住民福祉大会や福祉バザーに出てみたが、一生懸命にやっていてくれる姿にウルウルしてしまった。齢をとると涙もろくなってイカン。



スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 22:32:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。