■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
源氏物語 いよいよ「宇治十帖」へ
観世能楽堂H211115 朝一番のバスで渋谷の観世能楽堂へ日帰り、颯々会の発表を観に行ってきた。プログラム全49番の中で「源氏物語」に関係したのが6番あったが、そのくらい「源氏物語」と能は縁が深いということだろう。

 去年は源氏物語千年紀ということだったので、物見高いワシも源氏物語を読み始めたというもんだ。何しろ長編、且つ古文の理解が浅いモンでいくら脚注、頭注があっても中々読み進めない。そのうち、気候が良くなって畑仕事が忙しくなると読書なんぞという時間も気も無くなる。


 新潮日本古典集成「源氏物語」全8巻の5巻でストップして、筋も登場人物も忘れてしまったが夜長になったので続きに挑戦。渋谷までのバス旅行の時間は読書にもってこいだ。6巻の「幻」のあたりで光源氏は出家し舞台から降りる。バスの中では「竹河」から読み始め、いよいよ宇治十帖「橋姫」に入った。

 二年がかりで読破する(出来るかな?)ことになるが、マア、長編だから何年かかっても読み終えれば良しとしよう。



スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 17:45:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。