■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
愛猫タロー
老猫タローH210727

 ネコの名前はタローという。生れたのは平成元年8月、間もなく21歳にならんという雌ネコだ。ワシのオフクロが入院中に、オヤジの布団に「元」ノラ猫だったモトが、生れたばかりのネコを何匹かくわえ込んできた。兄弟ネコは比較的若いうちに他界したが、どういうわけか「タロー」と名づけられた彼女は兄弟のその分長生きしているのだ。

 左右の目の色が金色、銀色に違っていて、美人なので猫好きだった父にも殊更に可愛がってもらった。それから丸々二十年が過ぎたが50センチくらいの柵は易々と飛び越える。避妊手術をしたメス猫、とりわけ家ネコは長生きするのだそうな。

 やはり老いたのかなと思うのは、夜中にすごい声で鳴きながら家の中を徘徊するのだ。特に腹がすいたときはすごい声で鳴くから、ワシ等も目が覚めてしまう。彼女からすると、餌を寄こせとシュプレヒコールをあげているのだから、ワシ等が起きるのは当然かもしれない。

 爪が変形しているので、歩くときに絨毯に引っかかってボツボツ音をたてる。ネコ相が悪くなったのは、少し曲がった門歯が下あごをはさむようになったためだろうか。


 とりわけ、美味いものを食べることに執着している。ドライフードなんてすぐ飽きてしまう。缶詰のキャットフードもすぐ飽きてしまうから一缶は食べきれない。おかげで外でご飯をもらっている通称名無しの「ゴンベー」までグルメになってきた。目先の変わった食べ物が出てくるまで、ハンガーストライキをするし、ギャーギャー鳴き騒ぐのには参る。

 自分の思うままに生きているからストレスが無いと思いにきや、それなりにストレスはあるようで、わき腹の辺りを舐めまわってそこの毛が抜けて色が変わっている。若いワン公が来て走り回っているので、ネコとしてのペースがかき回される所為かも知らん。亡くなった母が言っていた、「生きていくのも楽じゃないなあ」と・・・・


スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 21:08:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。