■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サツキの手入れ
 まるで思い出したようにサツキの手入れを再開した。

 今朝、白山へ行って草刈りで一汗かいてきた。今日は特に予定無し、きれいに刈り取られた畑から、途中で放り出した庭の手入れを思い出したという他愛の無い連想ゲームだ。

 去年の今頃、バリカンで刈り込んでばかりいたサツキを剪定バサミで、どこをどう這いずり回っているのか判らないひねくれ枝を、思い切って根元から切って回ったというもんだ。植木屋に聞いたら、たまにそうやって枝を透いてやらないと中が枯れこんでくるんだそうな。

 その話に力を得ても全部できなかった。今年、刈り込んだところの花つきがまずまずだったから、続いて枝を透かしてやる予定でいたもんだ。ところがどっこい、なかなかあちこち忙しいモンで、中断していた。もうサツキの手入れは遅いかも知れないが二年も放置できないではないか。


サツキの手入れH210714 手前は一ヶ月?以上前に枝きりをしたところ。後方がこれから取り掛かるところだ。贔屓目ではなく、手前の方が低くなって小枝も何となく元気そうではないか! 

 何ごとも例年通りというやり方はダメだな。頭を刈ってばかりいたら、いつの間にか中に陽が入らなくなる。そこで新梢はわずかな光の方向に枝の間をを縫っていく。そうなると風通しも悪くなるし、蕾も付かなくなる。何年かに一度は思い切って枝を切って、新芽を出す。どこの世界も同じだな。


スポンサーサイト


日曜園芸師 | 13:29:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。