■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シラカシの枝打ち
シラカシ手入れビフォアH210116  シラカシ手入れ手入れアフタH210116

 空気の冷たいことと言ったら、冷たくてホントに凍みてしまいそうだ。それでも日が随分長くなった。いちばん日の入りが遅かったのは、12月の上旬で16時31分。今日の日の入りは16時56分だから25分も遅くなっているのだ。空気は冷たくても、日差しはやはり強くなってきているから、お天とさんが出ていれば外の仕事は汗をかくくらいになる。

 漸く今日で、プルーンの剪定は終わった。日陰の中でプルーンの剪定をやっていると寒い。それはプルーンの畑の南側に30年前に植えたシラカシがあって、これが常緑樹だからお天とさんの位置が低い冬は日当たりが悪くなるのだ。去年も2月に枝打ちをやったのだが、一年でもワサワサ茂ってしまった。

 風もなく暖かいのを幸いと、枝打ちを始めたが、おっかなかったなあ。去年より木が一回り大きくなったのとワシが弱気になったのとで、脚立から木に登り移った時とか、切り始める時は身体を支えるのにホント緊張したよ。始めれば切るのはすぐ終わるが、片付ける前に、切った枝を見ながらため息を吐いている時間のほうが長いくらいだ。途中でビフォアとアフターの写真を撮ることに気づいたので、ビフォアはもう虎刈りになってしまった。

 実はプルーン畑の南側に、ケヤキの35年ものが1本ある。落葉樹だから今は良いのだが、これもそろそろ枝打ちをしなきゃならんのだが・・・・・



スポンサーサイト


日曜園芸師 | 18:07:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。