■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
厭な年の暮れだね
フジ剪定後H201221

 急に生暖かい風が吹き始めて、アレアレと思ったら今度は突風のような風だ。慌てて出してあったビニールシートを取り込んだり・・・  テンヤワンヤだ。

 3本あるリンゴも剪定を終えた。少し結果枝が少ないような感じもするが、今はこれでイイのだ。

 それにしてもバカバカしい話ばかりで、腹が立つ。とりわけ、この不況で人員整理の話ばかりだ。つい先日のバブル崩壊対策で、税金を投入して金融機関を救い、ようやく立ち直ったと思った途端のこの不況だ。自動車や家電が回復したときに、日本の企業もなかなかやるワイと思ったのは、実は大量の人員整理で人件費を安くしただけの話だったというワケ。どの企業もルビコン川の橋を渡ったとばかりに、賃金カットは当たり前で、人員整理を一生懸命にやった。昔は、経営者側も労働者側も、何とか人員整理だけは避けようと努力したもんだったのに・・・・

 企業の業績が良くなったので、景気が良くなったように見えたが、実は個人消費は全然回復していなかった。それは残業代を出さないようにする裁量労働範囲の拡大や、正規社員の穴埋めを人材派遣法を改正?してっていたからだ。景気が良くなったら、必要な労働力を国内外の臨時社員で賄っていたからだ。経営者は何の努力もしなかった。裁量労働制とか人材派遣の規制緩和とかは法律の改正だから、これは経団連と政府のやった仕事だネ。

 一度やれば後は恐くないから、首切り、派遣社員のカット(この日のためにアメリカの真似をしてつくった制度だ)で何とかしようとしている。そのあげくに雇用促進だ、失業対策だ、と大金を使っている。周りの状況を見ていると、失業者数は発表されているような数ではないようだ。まるで大本営発表というのと同じことをやっているようだぞ。「100年に一度あるかどうかという不況」といって、自分達の失敗を棚上げしようとしている。

 血圧があがってきた、もう止めよう。ホントウに今の若い人たちは可哀そうだ・・・・  イヤ、前期も後期も高齢の年金生活者も可哀そうだ、何しろ「貯蓄から投資へ」なんて、やったら7割も目減りしているんだから。



スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 00:40:53 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

転職をするということ
転職というと年配者の方はあまり快く思われないかたが多いと思いますが、私は転職自体はいいことだと思います。海外ではLinked-inという転職のためのSNSも存在し日本より仕事を変えるということに対して寛容な文化です。転職をする上でのポイントとして、年収、職種、自分... 2008-12-29 Mon 08:47:48 | 転職の是非

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。