■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モミガラ燻炭つくり・・・その一・・・
 例の吉沢金物屋で、2000円足らずで買って置いた、モミガラ燻炭器を持ち出した。風もない、暖かくなったので、いよいよモミガラ燻炭をつくってみようというわけだ。

 燻炭は野菜つくりや、果樹園の土壌改良に良いという話は知っていた。炭を焼く、という話は以前カミサンと話したことがあった。少し本屋で立ち読みなどもした、が、けっこう面倒なようだった。先日、サトイモやヤーコンを凍みさせないようにと、モミガラを探してきた。農協の精米所で「いくらでも持って行ってて好いよ」などと言われて、しこたま持ち帰ってきた。そのときにモミガラ燻炭をやってみようと考えた、というわけだ。

モミガラ燻炭H201213

 子供の頃、土蔵の前でモミガラをこうやって焼いていたのを見た記憶がある。でも、どうやって火を点けたか、そんなところまでは記憶がない。
 何とかなるだろうと、モミガラ燻炭器の中に焚き付けを入れて点火。もくもくと煙があがってから、お茶のみに戻ってから見たら、何んと!どうにもなっていない。焚き付けを再度入れて燃やしてみたが、焚き付けが燃えてしまえばお終いだ。

 きっとモミガラ燻炭器のなかに「おき」ができるように、しっかり薪をくべておかないとイカンのかも!

 誰か知っている人がいたら教えて欲しい。というわけで、今日はここまで。明日は雨が降るとかいう予報だし、別件もあるからとりあえずシートでも掛けておいて、月曜日に再挑戦だ。
スポンサーサイト


趣味・道楽、そしておとこの遊び | 18:19:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。