■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
イモの貯蔵
 このところの冷え込みがあって、去年折角とれたサトイモを冬越しに失敗したカミサンは、早く凍みないように貯蔵しなければと急き立てる。ワシは今頃からイモが凍みるような寒気は来ないからと、思うけど止むを得ず腰を上げたというもんだ。

 冬越しといえば、昔は農家の台所の土間に「むろ(室)」がつくってあって、イモ類だのリンゴだの、ハクサイだの、いろいろ凍みては困る野菜を貯蔵していたんモンだ。今時の家は土間なんぞ作る人はいないだろう。かくいうワシのところもナイ。で、大きなダンボール箱を見つけてきて、そこに籾殻を断熱材というか保温材に入れて、その中にイモを入れている。去年はダンボール箱ではなくて、プラスティックの箱に入れて失敗した。多分イモは息をできなかったのじゃないだろうか。

 先ずは籾殻を手当てせねばならない。今年はもらいものがないので、コイン精米機のあるところへ行ってみた。朝早々に行ったのに、糠も籾殻もきれいに無い。近頃は家庭菜園などで要るといって、結構持っていく人が多いとか。そこで農協のライスセンター(昔は精米所といったもんだ)を思いだして、行って見たら快く「ああ、良いですよ。持っていってください」だと。やってみるもんだ。

 ダンボール箱の替わりに、床下収納庫を探してきた。フタをしなければ窒息することはない、というのが、ワシの理屈じゃ。たっぷりの籾殻に包んで、軒下に置いている。全部食べつくすことができるかどうか、結果は来春に出るだろう。ところで今年はサトイモの他に、ヤーコンがある。ヤーコンも寒さに弱いとか聞いたから、一緒に貯蔵しようと思う。

 貰った3株のヤーコンを初めて育ててみたのだ。どんなモノができるのか、心配だったが、出来栄えはまずまずだった。採ってすぐサラダにして味わってみたが、何かシャキシャキして歯ざわりは良いが、物足りなかった。どうも少し乾燥してからの方が甘みがでて美味いらしい。そこで、ほったらかしておいて乾いたのを、ズッキーニとイカと一緒に煮っ転がしたら、シャキシャキ感はそのままで、甘くてうまいおかずになった。カミサンにレシピを書いてと頼んだが、出来てこないので、ワシの勝手で書いたので・・・・

 ボテに二つも籾殻を持ち帰ってきたのに、ひとつまるごと余ってしまった。籾殻は畑にそのまま鋤きこんでもダメらしい。小型の煙突みたいな籾殻焼き器?で炭にしてから畑に撒くしか無いらしい。晩秋の農家の庭先で、煙突の周りに籾殻を置いて、籾殻炭にしていたのを見たことがあるじゃろう、アレじゃよ。あれを買ってきて炭にすることにした。また仕事をひとつつくってしまった。ワシ、忙しいのに・・・



 
スポンサーサイト


家庭菜園の楽しみ | 22:35:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。