■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
川中島町朗読コンクール
 ワシにとっての大イベント「川中島町朗読コンクール」が終わった。えらそうなことを言ってはイケナイ。「ワシ等にとって・・・」の大イベントだ。昨日は朝から会場設営、出場者リハーサル、駐車場整理、受付、コンクールから審査・表彰式、交流会、そして後片付けと夜までかかった。出場者27名、大会関係者約50名、一般来場者約130名といった規模だったかしら。

3th朗読コン小中学生発表H201108

 小学1年生から中学1年くらいでも、朗読するときはまるで物怖じせずに堂々と発表できたのには驚いた。読むほうに集中するから上がっている暇などないんだね。一般的に言うと、子供達の発表では、イントネーションが変わってしまうのがあった。審査委員長の武田徹氏の講評で指摘していたとおりだ。そこを直せば、美しい日本語が解かるし、内容も正しく伝わるだろう。

3th朗読コン成人表彰H201108

 成人の部は激戦だったが、誰もが素晴らしい朗読を聞かせてくれた。すごい高いレベルだと思う。80歳をこえる年齢のオバアチャンも心に響く朗読をしてくれた。お孫さんはひ孫さんに聞かせているのだろうか、きっと情緒豊かな本好きの子供達に囲まれているのだろう。元気の源だな。

 初めてこのコンクールを聞きに来てくれた人、何人かに聞いたら本当によい企画だった、好い朗読を聞けたと喜んでくれた。今日、ラジオでこの朗読コンクールを知って知って坂城から来たという、体の不自由な方もからも、「あちこちの朗読会に行って聞いたりしたが、この大会は素晴らしかった」と褒めていただいた。コンクール主催サイドとしてこんなに嬉しいことはない。


スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 09:28:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。