■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高砂や~
ツワブキH201022

 ツワブキも咲き始めて秋本番、あちこちからキノコが届いて、毎日食べるのに贅沢な悲鳴を上げる。

 ワシの趣味も満4年を経過した。仕舞は始めてから丁度一年経った。「紅葉狩」をイチオウ終わりにして、昨日から「高砂キリ」だ。宗家のビデオを見て「イヤ~ 格好良いなあ」と思ったが、「見る」と「やる」とは大違い。今までやってきた「紅葉狩」や「草子洗小町」のような女ものと違って、動きが早くてダイナミックな神もので、先生の後はついていっても、まねにもならなかった。

 そこへもってきて、謡うところが長い。六句もあって、五句は舞いながら謡う。つまり覚えていなければイカンということだ。若い頃ならイザ知らず、最近は覚えるのより、忘れるほうが大の得意技になっているから、謡を間違えないようにと思えば、舞えない、というか身体が動かない。舞おうとすると謡を忘れてしまう。形附だって新しいのが二つも出てくる。昨日は準備不足がバレバレで先生に失礼してしまった。

 それにしてもこの「高砂」には、6箇所も祝言の小謡がある、おめでたい曲なんだ。仕舞のなかにその小謡がひとつある。

      千秋楽にハ民を撫で
      萬歳楽にハ命を延ぶ
      相生の松風颯々乃声ぞ
      楽しむ颯々乃
      声ぞ楽しむ

 観世元昭名吟集を聞いたら、これまた格好良くてたまらない。「女郎花」が終わったから、次回からこの「高砂」を教えてもらうことにしよう。

スポンサーサイト


趣味・道楽、そしておとこの遊び | 18:11:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。