■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
二百十日
二百十日神楽H200830

 夕べは二百十日の前夜祭後の直会で少し飲みすぎ、昼寝をしたら漸く何かをする気になった。まったくこの歳になって飲みすぎるとは・・・・  というより、酒に弱くなったといったほうが正しい表現だろう。

 お盆以来の冷え込みと、数日来の雨で、モモの出荷は大変らしい。雨の中で収穫出荷したとか、過熟で落果が多いとか、嘆き節が聞こえてくる。二百十日は農家にとっては大切な祭りだ。米や果樹がいよいよこれから収穫のピークとなるこの時期に、自然が猛威をふるわず、無事に収穫を終えるように神に祈るのだ。だから川中島御厨南部の産土神を祭る斗女神社で、二百十日前夜祭は灯籠揃いと神楽を奉納する。灯籠揃いというのは、各戸から火を灯した灯籠を掲げ持って、5頭の神楽を先頭に地域を練り歩いて、斗女神社まで往復するのだ。

 去年も二百十日は雨で灯籠揃いは中止になったなあ、なんて酒を飲みながらの話になった。この5年間の二百十日を日記で調べてみた。

    平成16年   台風16号が九州に上陸、しかし川中島は曇り、灯籠揃いを行う
    平成17年   朝方は肌寒いくらいだったが、日中は気温あがる。灯籠揃いを行う
    平成18年   晴れ、灯籠揃いを行う
    平成19年   終日、雨が降ったり止んだり、灯籠揃い中止
    平成20年   灯籠揃い中止

 ということで灯籠揃いは3勝2敗ということだった。灯籠揃いが中止になると、5つの神楽保存会は当番組はお囃子の太鼓と笛を出し、それ以外はお頭だけ持って斗女神社に集まり、拝殿内で舞を奉納するだけになる。

 それにしても今年の二百十日は日本全国で、ゲリラ的に集中豪雨にみまわれた。この夏は、8月中旬までの約1ヶ月は灼熱の太陽に照らされたかと思うと、その後の半月は長袖を着るほどの冷え込みだった。その最後3日ほどはたっぷりの雨降りだ。ワシの畑でも、今朝はプルーンもモモも過熟になってポタポタ落っこちていた。こういうのは人にもあげられないし、もったいなくて食べたら腹の中はガボガボ、果樹腹というのも辛いなア。
スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 16:03:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。