■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子供にツケをまわさない
ノウゼンカズラH200712


 向かいのお宅のノウゼンカズラが咲き出した。これは正しく夏を実感させる花だ。今日はすっかり晴れて真夏を思わせる太陽が照り付けている。先日上京したときに頂戴した温度計は今の時刻、午後3時半で29.3度を示している。ノウゼンカズラだけが元気で咲き乱れている。

 今日もまた昼寝をサボって、住民自治協議会が主催した講演会を聴きに行ってきた。演題は
      「子供にツケをまわさない -低炭素・循環型社会への転換- 」
演者は
       (社)長野県環境保全協会会長  茅野 實氏
だ。

 茅野氏は元八十二銀行頭取から会長を務めた方だそうな。何しろ銀行マンだった人だから、かなり経済界に配慮した環境保全の話だと期待(?)したが、先日ワシらが家電四品目のリサイクル工場を見学したときにワシの空脳にひらめいた、「流行を追って買い換えない、できるだけ使う」という考えが彼の口からも出され、わが意を得たりというところだった。

 2050年までに1990年度比で50%に削減するという目標は、地球が自分で炭酸ガスを処理できるレベルに戻すというだという。判りやすい説明と、日頃の生活の中でやれることなどの具体例で、ワシは大いに参考になった。後の質疑でも結構いろいろな話がでたので、この温暖化の問題は出席者全体の共通の関心事だったことは間違いない。

 一般家庭から出る炭酸ガスの3割を占めるマイカーの世界だが、ワシはこの春、車をハイブリッドに乗り換えた。勿論、近場はできるだけ自転車を使っているし、運転もメーターを見ながらエコドライブに心がけている。

 照明・家電製品から出るもう3割の分野では、こまめに照明をオンオフしたり、待機電力を減らすなどはまだまだ努力の余地があるなあ。信州に住んでいるおかげで冷房はほとんど使わないのはよいが、冬場はちょっと辛い!

 大所では太陽光発電の導入がある。大分価格が下がったそうだが、これから節約して200万くらい溜め込んで(無理かなあ)、子供にツケをまわさないための最後のご奉公をしようか。萱野氏の思いは「マイカーをやめて、そのお金で太陽光発電をする家庭に環境名誉県民賞を差し上げたい」とのことだが、賞には少し無理だが、少しの無理をして炭酸ガスを出さない好い地球市民になりたいものだ。
 
スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 16:25:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。