■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
知恵較べ
 イチジクを鳥のえさにされないように張ったネットが破られていた。どうやって破ったのか? くちばしでつついて開けたか、くちばしで引っ張って開けたか、体当たりして破ったのか? 謎はつきないが、間違いなくイチジクはえさにされてしまった。一枚だけではこんな調子で簡単に破られたので、今度はあるネットを総動員して何重かにすることにした。そこからどうやってワシがイチジクを採ってたべるか? それは鳥に食べられなかったら考えることにしよう。

 あの憎たらしい鳥がブドウ棚のあたりを徘徊している。これは食べごろかどうか、偵察に来たに違いない。ナガノパープルはやられないうちに出荷を終えた。あの頃は他に食べるものがいっぱいあったか知らん。先日あったブドウ出荷説明会で鳥にやられたという話が出ていた。その人は生っているブドウに沿って60センチくらいの幅のネットを張っていた。それだけで危険を察知して来ないらしい。一番確実なのはネットでくるむことだと技術員はいう。


H260911イチジク網の破れ

 そこでワシもプルーンで使ったネットを棚の下に張ってみた。上からの攻撃には効かないが、これなら大丈夫だと思う。イチジクは体当たりをくらったら食べられるが、ブドウは長い柄があって体当たりされたらブラリと動いてくれるはずだ ・・・・・ 甘いかな?

H260911ブドウの網掛け
スポンサーサイト


果樹栽培 | 15:01:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。