■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
心配は心配を呼ぶ
H260731ホテイソウと蛙
強調文 「昨日咲いていた花が見えなくなった」と思ったが探したら、茎が萎れて水の中で見つけた。花の命は短くて・・・とちょっとセンチになって!見ていたら蛙を見つけた。いつの間にかこのホテイソウに住み着いていたらしい。他のホテイソウにもいる。どうも蛙はここで一国一城の主になっているようだ。

 このところずっと晴れの日が続いて、強烈な日差しで土が砂漠の砂のようになっている。潅水をしないと粒が伸びないので今日も夕方、潅水を始めた(夕方潅水をするのが効果的だ)。エンジンをかけて水のとび具合を確かめて夕飯のために家に戻った。

 稲妻が山際のあちこちでピカピカしているが、例によって「こけおどし」と見ていたが、そのうちに頭の上でピカピカ、ゴロゴロ始まった。慌てて畑に戻ってエンジンだけを積み込んで戻ったところで、大粒の雨が急に降り出した。危機一髪でエンジンを回収できたし、これで果樹も息を吹き返したとニンマリ。

 停電するんかしらと心配したら、去年のちょうど今頃のことを思い出した。ずっと乾燥が続いていたところに、急に大雨が降ってその結果、モモが急に肥大してその挙句ぼたぼたと落果したのだ。あのおかげで出荷するより処分したモモのほうが多かったのだ。心配は心配を呼ぶもんだ。

 間もなく雷鳴が遠くなり、小降りになって「やれやれ」と安心したら、これもすぐ止んでしまった。これじゃ「結構なお湿りでごわす」というほどにもならない。がっかりしたら今度は空気が冷たくなって、冷風が吹き始めた。「アラレが降ったらしいけど、お宅はどうですか」と技術員が電話してきた。確かに心配は心配を呼ぶ、間違いない。

スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 23:33:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。