■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
暑さに強いモノ
 週末に上京した疲れが出たのか、今日は日中の暑いことを口実に昼寝三昧に過ごした。朝のうちは風が涼しくて気持ちが良かったのでブドウに消毒もしたが、その後は身体が動かない。昔、母が身体が動かないの、疲れたのというときは「数日前に出掛けたとか何かしたとかの疲れだナ!」なんぞと言ったのが今は自分の身の上のことになったようだ。

H260715草刈り


 夕方、日が傾いた頃にようやく身体が動くようになったので、畑に出て草刈りをすることにした。小堰(この堰は北町裏堰というのを最近知った)の泥揚場の雑草が極めて成長意欲旺盛で、もう身の丈ほどになっていたのが気になっていたのだ。

 畑や空き地はビーバーや乗用モアなど機械力を借りて草刈りするのだが、ここだけは機械力に頼れない。というのも、春先に関係家庭から人足を出して、堰や側溝の泥を掘りあげて水がちゃんと流れるようにするのだが、ここは掘りあげる泥の量が半端でない。伊勢社の入口から小堰の巾が狭くなっているので、この区間がダム状になって泥が沈殿してしまうのが原因だ(とワシは思っている)。

 そんなわけで泥が泥揚場に山積みになっていて、とても機械を使うわけにはイカンのだ。稲刈り鎌というのがある。これは刃がギザギザになっていて非力でも使いやすい。これを使って草刈りを始めたが、これがまたくたびれた。機械の力というのの有り難さが良く判る。蒸気機関の発明なくしては産業革命が起きなったわけだ。

 雑菌や害虫が繁殖しないように刈り込んだり、除草剤を使ったりして風通しを良くすることが必要なのだが、ワシは水を汚さないように畑は勿論、泥揚場も除草剤を使わないようにしている(エヘンッ)。今日だけで水の取り入れ口から伊勢社までとても刈りきれなかった。これじゃあ、明日やって刈り終わっても、また疲労困憊してしまう。これから盆過ぎまで雑草は元気一杯、人はクタクタの状態になるのだ 


スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 23:54:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。