■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魂消た
 何が魂消たといって今回はホントに魂消た。

 モモの袋掛けを6000枚ほど終えて、やれやれと一息吐いてプルーンの摘果を始めた。早く終わらせないやイカンのはアーリーリバーという早生の品種だが、去年摘果が遅れて亜主枝を折ってしまったくらしま、これを先ずやった。続いてアーリーリバーに取り掛かったというモンだ。

 摘果といっても、今年は結実しているのよりも徒長枝が多いので、これをバキバキと折り取り、切り取りしていたらすぐ傍でパンッという音がした。一瞬ピストルで狙撃されたかと思ったが、人生の裏街道をあるいたことも無ければ、人に恨みを買った覚えは無い。

 すぐ傍に鳥の巣があった。「餘りに見苦しき塩屋にて候程に、お宿ハ叶ふまじき」ともう巣立った後の荒屋と思っていたが、良く見ると鳩が一羽いるではないか!! 魂消たネ。


H260626プルーンに鳩ノ巣

 羽をしまうところだったことから、一瞬羽音を立てて闖入者を追い立てようとしたらしい。この闖入者は意気地が無いというか、優しすぎるというか、「悪かった、ごめん、ごめん」と早々に退却したというモンだ。こんなにみすぼらしい巣で先日の雷雨を凌いでいたのかと思うと、母親の健気さに闖入者は気おされたのだ。

 この事件は昨日だったが、今日カメラを持って行ったら未だ母親は卵を抱いていた。その写真だ。驚いて卵と巣を放棄しているんじゃないかと心配したが、良かった、良かった。

 しかし困ったもんだ、これから消毒はどうしたら好いんだろうか!?


スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 22:19:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。