■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
不安
 5月の声を聞いた途端に周りが緑色に代わった。サクラが咲いたわ、それっ散ったわ、ホタルイカだっ、それっ雨が降らないから潅水だわ、などと騒ぎまわっているうちに景色がどんどん変わっているのだ。


H260506カイドウの桜川

 サクラは既に終わり、我が家のカイドウもいよいよ散り際になった。愛でている暇も無かったが、風呂池を見たら花びらが水面に敷いたようになっている。拐わかすされたむすめ桜子を探しに桜川にきた母親はこんな景色を眺めたんかしら? これがモミジだったら龍田川を渡ろうとした僧の眺めた景色になるんだろうか! フム、謡曲を習っているおかげでこんなことを楽しめるようになるわけだ>

H260506リンゴの摘果


 4月の初めにカッコウが鳴いているのを聞いても普通はすぐ山へ帰ってしまうのが、今年は未だ賑やかに「カッコウ、カッコウ」と鳴いている。空気が冷たいので山へ帰るのは未だ早いと思っているのだろうか。この空気の冷たさのおかげでワシはエヘンムシに悩まされているのだが・・・・・  去年は7日が手がかじかむくらい冷たかった。今年は冷夏になるという予報?予想?があるという。


 先日の新聞に「全国でニホンミツバチの減少が問題になっている」という記事が出ていた。農業生物資源研究所(茨城県つくば市)でニホンミツバチ20匹中19匹にアカリンダニが寄生しているのを確認したという。このアカリンダニに感染すると巣箱に帰らないで徘徊してしまうんだと。ある人は巣箱30箱も飼っていたのが、今は1箱しかいないんだそうだ。去年の今頃、順調にハチ数が増えていた我が家のニホンミツバチが、いつの間にか居なくなっていたのはこれか知らん。


 なんか、ワシのあたまン中にも最近アカリンダニが増殖しているような気がする! 日本中の老人がアカリンダニ感染していないか検査する必要があるンじゃないのか。



スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 23:32:40 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
自然とのお付き合い
いつも楽しく拝読しております。
450年の老松には、ただただ感謝の言葉しかありません。遠くにいて画像で拝見しただけなのに喪失感でいっぱいです。
どんな小さな草花も虫たちにも「心」があるように接してきた、私も日本人なのでしょう。謡曲の「草木悉皆成仏」という言葉が好きです。
ミツバチや赤トンボの減少はすべてネオニコチド系の農薬が原因だと思っていましたが、ニホンミツバチはちがうのですね。そのダニは外来種?
年をとればとるほど自然と親しくなるのは、土に還る日が近いからかしら。
2014-05-07 水 20:58:24 | URL | yuki [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。