■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋葉祭
 毎年、4月13日は秋葉祭。伊勢社にある火の神さんに神楽を奉納する。この火の神さんの後に家主の天照大御神(内宮)と豊受大明神(外宮)にも舞いを奉納するので、都合二舞することになる。4月7日の春祭は参加できなかったが、今回は神楽を載せたリヤカーを引きに参加した。

H260413秋葉祭の月

 煌々とお月さんが照らすなかでの神楽。このところ、日中はポカポカ陽気でサクラも満開になるというのに、朝晩はしっかり冷え込んで霜が降りるほどだ。去年もこの頃、遅霜があって果樹にエライ影響が出た。花冷えなんていう言葉があるくらいだから、当たり前なんかも知れないが、何とかオテントサンだけは順調に恵みを授けて欲しいもんだ。


H260413秋葉祭獅子舞 子ども達が獅子の前に座り込んで舞を見ている。舞の最後で獅子がしっかり見構えたあとでヒョッと飛び掛る形がある。小さい子どもはそれで泣き出してしまうことも多いが小学生くらいになると、それが面白くて目印の提灯の横で見ているのだ。下手な写真で真っ暗だったのを修正したらこんな写真になった。去年の式年遷宮祭のために、神楽を出す町内では獅子頭の手入れをしている。ピカピカなので修正したらこのお獅子、これは怖い。


スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 11:05:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。