■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋晴れの一日
 台風一過の今日は日本晴れ、台風で延期した町内の宝船つくりに精を出した一日だった。

 この22日(日曜日)はワシの町内にある伊勢社の式年遷宮祭が行われる。この式年遷宮祭は20年に一度行われる。伊勢社はこの平らでは格式の高い神社で1月6日のおたや祭には近郷から大勢の参詣者で賑わう。式年遷宮祭は現在一の鳥居を似の鳥居に移し、一の鳥居を新調するのだ。その他、あちこち痛んだところを修復するが今年はひびが入ったコンクリートの垣を修復、神楽殿の畳替え、トイレの水洗化、神楽殿建具の修理etc.と総事業費は1500万ほど掛けるようだ。総代長は巨額の寄付が集まるかどうか、心配していたが何とか目途がついたらしくて最近は顔つきが柔らかくなった。

H250918伊勢社新鳥居 一の鳥居が新しくなり、幟旗も建てられてお祭り気分が盛り上がってきた。伊勢神宮から払い下げられた材木を使って鳥居を立てたことがあったようだが、最近は西山のさる山持ちから寄進されている。材木価格の低迷や高齢化で枝の下打ちがままならなくなって、鳥居材の寄進は今回が最後と言われているようだ。


H250918宝船つくり ワシ等の町内ではこの祭りには宝船を出すのが決まりなので、先週には竹を切り出したり、材料を買出しして軽トラを台にして宝船の骨格をつくった。今日は町内総出で、杉の葉を船体に括りつけ船体をつくった。ワシは20年前は喪中で、40年前は東京でサラリーマンをしていたので祭りの様子は知らない。ましてや60年前の記憶は全く抜けておる。それでも町内では前回の記録写真などあるし、その頃は若い衆で手伝った人がいるので作業は順調だ。

 御厨の15ある町内のうち13町が祭りに参加し、宝船が11艘、吹流し行列が2つになるらしい。稚児行列は120人の子どもの列だし、宝船なども含めた行列は1000人くらいになるらしい。22日にはその様子を少しでもお知らせすることにしよう。




スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 19:17:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。