■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドウダンツツジも暑さで参っている
 8月の記録的な暑さで参ったのは人間ばかりではなかった。ドウダンツツジが暑さと乾燥で葉が茶色になっていた。これはドウダンツツジが自衛のために葉を枯らして水分の蒸散を防ぐためなんだそうだ。
20070918085253.jpg

 8月下旬に漸く度々雨が降るようになったので、ドウダンツツジも改めて新葉を出してきた。茶色に枯れた葉に比べて瑞々しい色で、「ヤア、君も生き返ったね」という感じだ。
 植物でさえ一時的な環境の激変に対応できる能力を持っているのだ。植物にとって太陽という因子が再生の条件だ。人間にだって再生するパワーがあるから「臥薪嘗胆」という言葉が生まれるのだ。そういった意味で太陽に相当する因子は今流に言うならば「再挑戦できる」という風土ということか。前々総裁がいったのとは違って、苛められっ子やフィジカリーハンディキャップを持った人、会社が潰れて首になった人、etc.が「再挑戦できる」という風土・制度は健全だろうか。
スポンサーサイト


日曜園芸師 | 09:26:50 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ツツジツツジ(躑躅)は、ツツジ科の植物であり、学術的にはツツジ属(#ツツジ属参照)の植物の総称である。ただし、日本ではこの中に含まれるツツジやサツキ、シャクナゲとを古くから分けて呼んでおり、これらはしばしば学術的な分類とは食い違う。ツツジ属の植物は概ね、 2007-09-30 Sun 15:32:32 | 植物辞典

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。