■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秤の検定
 計量をきちんとやるということは文明世界にとって非常に、非常に大切なことだ。メートル原器というのがあって1メートルというのはこれだ、としてそれをベースにして全ての長さを測る基準になる。1グラムというのは確か水1ccの重さだと言う。今はその基準の考え方は少し変わっているようだが、考え方は同じだナ。


 小さなICチップを作るにも、象の体重を量るにもマイクロメーターや体重計がその基準に沿って量られるのだから、やはり非常に大切なことだ。ワシ等の農業者にだって大いに関係があるし大切なことだ。消毒する計量カップだって、米1俵だって、売る農家、買う仲買業者、それを買う消費者だって同じ原器で校正された秤を使っていると思うから商売が成り立つ。



H250823計量器の検査 くだくだ書くことも無いが「計量器の検査をするから秤を持って来い」という通知があって、ワシも秤を持って検査会場へ行った。ワシの秤はオヤジが元気な頃から使っている。検査員がビックリしていた。もう半世紀以上使っているので、博物館へ置いておきたいくらいのクラシックな秤だ。だが心配するには及ばない。2年に一度(だったと思う)、通知があったときにはきちんと検査して検査済みのシールを貼っているからだ。


 日常の何気ないところに、ちきんと計るものは検査をするというシステムが動いているのが文明国家というもんだ。ワシ等の生産物を出荷するときには、余目というのを乗せる。例えばプルーンの1パックを400グラムで出荷するときに、ワシ等は405グラム以上で1パックをつくる。これはきっと乾燥するとか何とかで最終的に消費者に渡ったときでも400グラムあるということだとか、アナログ秤の計測ミスを考慮するからなんだろう。


 もっともプルーンで405グラムなんていうパックはつくれない。今はデジタル秤になって正確に1グラム単位で測れるがワシんとこの秤はアナログ秤だから1玉乗せてそれが405グラム以上で出荷する。実際は450グラム、500グラムなんていうのだっていくらもあるのだ。きっと農薬を生産する会社だってデジタル秤を使っているけど、余目は入れているはずだ? ン? そうかな、ワシャ知らん。







 

スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 23:11:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。