■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏休み(その四)
 旧盆、といえば夏休み。夏休みといえばお盆。ワシの若い頃はごった返す帰省客に混じって電車で、車で田舎へ往復したもんだ。田舎へ帰って9年、そんなニュースにもすっかり関心がなくなってしまったが、今度は孫たちが帰ってくる。歴史は繰り返す。


 そんなお盆も少しずつ変わっている。第一、お寺が変わった。第二にご馳走の内容が変わった。昔はスイカにモモ、ナスとタマネギの天ぷら。今ではソーセージ、サラダ、諸々の天ぷら・・・・・ 天ぷらのそこにタマネギとナスの天ぷらが一つずつ入っている。


 変わらないもの、お寺へ迎え盆に行って樺(かんば)を燃やしてくること。この辺りでは夕方からお墓へお花とお線香、それにかんばを持った子供連れ、ジジババと一家などで賑わう。懐かしい顔とばったり出くわすのもこんなときだ。ワシも家内と孫、嫁さんたちと迎え盆に行ってきた。

H250813迎え盆 ワシの知っているお参りの仕方はお線香をあげ、かんばを燃やして「ジヤン、バヤン、コノアカリデオイライオイライ」と繰り返し合掌する。それから家では帰ってきたご先祖さんと一緒にご馳走を食べるのだ。


 仏壇には灯明を点け、その前に盆提灯を並べ、季節の果物、野菜を供え線香をあげる。ロウソクの明かりをみながら「ジヤン、バヤン。久し振りのオラチはどんなだや」と考える。悪いことをすると顔を上げられなくなるはずだ。



スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 22:56:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。