■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
菊慈童
 「菊慈童」という本が出てきた。

 「エッ こんな本を買ったことがあったっけ?」と不思議に思った。著者 円地文子(新潮社版、昭和59年9月25日八刷)とある。神保町で買った記憶も残っていない。だいたい昭和の時代にワシは能や謡曲なんてまるで関心が無かった、というより知らなかった。


 開いて「幻竜庵蔵」の蔵書印を見つけて判った。これはオヤジが使っていた蔵書印のひとつだ。どうりでワシの記憶にないわけだ。しかしオヤジがどうしてこの本を買ったのかテンで判らない。彼の蔵書は未だ整理し切れていないが、なんだか手当たり次第に買っていたという感じがする。少しでも気になった本を本屋に届けさせていたという感じなのだ。


 思わぬところでオヤジを偲ぶことになったもんだ。まあ、「菊慈童」という能楽があったということを知っていたかどうか、知らぬがパラパラめくってみて何だか興味が湧いてきた。暇ができたら読んでみよう。


スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 23:11:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。