■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
書類の山
 最近の病院というのは大変なもんだ。


 麻酔科の診察ということで病院へ行ってみたが、診察というより麻酔をかけることによるリスクの説明というほうだった。腹腔鏡という手術は再発とか確実な方法だというのだが全身麻酔でやるというので結構物々しい。書類にサインをして外科へ戻った。


 ここでは入院という手続きでいろいろ説明してくれた。勿論外科手術ということからの説明もあった。もらって帰ってきた書類はというと


  まず

    入院者と身体状況を記述する書類

 があって次に

   入院に関する資料として

     本人と連帯責任者による同意
     病院案内
     休日に入院するときの手続
     病室での貴重品の扱い
     患者が準備する品物のリスト
     付き添いの在室許可申請

   治療にかかるお金について

     入院治療費計算方法についての説明
     医療費の窓口負担を減らすための手続きの仕方
     入院予約をした人に病室が希望通りにならないかもという説明

   更に手術と術後に関する書類は

     鼠系径部ヘルニヤと手術のやり方に関する説明とその同意
     止むを得ず行う身体拘束の説明と同意
     カメラモニターを設置した部屋に入る同意
     入院中に使うかかりつけ医の受診とか薬についての説明
     静脈血栓塞栓症に対する説明とリスクについて

という具合にいっぱいあった。お陰ですぐ市役所へ行って国民健康保険で自分の負担を減らす申請書をもらってくることができた。明日はハンコを押した書類を市役所へもって行くし、入院に必要なモノを買う時間も取れたし、保証人のハンコをもらうこともできる。


 あまりの物々しさに驚いた。2年前に痔主開放作戦を実施したときよりも多いのはきっと病院も大きい所為かも知れない。そういえば今から30数年前に、つまり現役のときに海外の研修生から説明書の書き方にいろいろ注文をもらったことがあった。あとで読んでも判るように全体から部分への展開とその書き方、それからひとつひとつ書いてあることの説明・・・・  なるほど腹?で理解するやり方、努力して自分のものにするという考え方はインターナショナルではなかった。そいうやり方が当たり前になったんだなあと関心する資料の準備の仕方だ。


 最近は病院が自己防衛のために整える書類が多い、つまり病院側の責任を問う患者が多いと言うことの裏返しだな。世知辛い時代になったとも思うし、巧く治療できなかったときの患者や家族の負担も大変だとも思う。難しいはなしである。ワシはもう「まな板の上の鯉」だと観念して全てを医者に任せることにした。




    
   
スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 23:05:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。