■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ツツジも好いモンだ
H240530ツツジ

 少子高齢化の波が津波のように押し寄せてくる。ワシの耐力・パワーも限界を感じるようになってきた。何とか庭仕事を省エネしないとイカン。


 下草として植えてあるツツジやサツキが問題だ。落葉樹の多いところは落ち葉が地べたに落ちるまで見苦しい。年に最低一度は刈り込まないとこれも見苦しい。樹勢によっては刈り込んでも横に枝が出て刈り込んでいると次第に風通しが悪くなって、花が咲かなくなるだけでなく枯れ枝が目立つようになる。


 目の前だけこの植え込みを取り去る考えはその後をどうするか? そのままにしておけば雑草が生える。ビーバーで草刈りをするという作業が出てくる。花を植えても手入れは同じこと。


 刈り込みを動力でやる、しかも電気バリカンじゃパワーが不足だからてエンジンで刃を動かすやつ。電気バリカンは一時期使っていた。刈り込みは手でチョキチョキやるよりも楽だが横枝が伸びたので止めた。エンジンのバリカンはシルバー人材センターの人が使っているのをみたことがある。確かに効率アップにはなるが少々重いので(完全に)高齢化したあかつきには使い切れないだろう。他に軽くてパワーのある機械があるかどうかだナ。


 花が咲き始める前までは抜いてしまうと決めていたが、花を見ているとその決心も鈍ってきた。やはり刈込み機を導入するか? また回収見込みのない投資になるのか?



スポンサーサイト


日曜園芸師 | 23:02:23 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
今、「西行桜」を読んでいるのでこんな名前です。
アレチウリだの見舞いだの、あげくにファミリービジネスの事務局と雑多な用事に追われていますが、ひろちゃんのブログを読むと心が和みます。
川の清掃から中華めん、美しいお庭の花たち、ゲートボールに電気料金。生きてるって素晴らしいことなんだ!と思わず膝を打ってしまいました。
サア、私も「完全に高齢化したあかつき」に至る前に、悩んだり迷ったり怒ったりしながらこの世の「春」を謳歌しましょう。ありがとう、ひろちゃん。
2012-05-31 木 10:33:01 | URL | 花見の客 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。