■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
時期外れの寒さの中で
H240512ツツジ 寒いなあ、キミは寒いとは思わんのかね? 見ているほうが寒いから何となく寒そうに見えるけど、ホントに寒くないの?


 朝から猛烈に冷たくて強い風が吹いている。あまりの寒さに真冬と同じようにダウンジャケット着てストーブ焚いてジッとしていた。そのうちに有線放送で農協の技術員が、遅霜が降りそうだから対策をとれと言っている。それでも2度、3度言われると心配になってきた。白山の畑は川に沿って強い風が吹くから家の辺りとはまるで寒さが違うのだ。

 昼前に白山へ行って、枝が支柱にちゃんと固定されているか確認した。青葉とともに大分延びているから風で折れないように縛りなおす。叢生栽培の園は短く刈れとか、樹の周りは草を刈ってきれいにしておけ、というのは地温を上げやすくするため、潅水をしろというのは霜が降りにくくするんだそうな。園地や樹下は草刈りはしたばかりで心配はないが、潅水しろというのまではトテモやりきれない。乾燥防止のワラ敷きは忙しさにかまけてやっていなかったので助かった。ワラを敷いてしまうと地温が上がりにくいのだ。

 家前の畑はまず強風で枝先が折れないように縛りなおし。それから樹下の草取りをしていなかったのでビーバー(小さなエンジンで紐をまわして草を刈る機械)をまわしてで草刈り。ジャケットの上から上下とも合羽を来てようやく冷たい風は感じないくらいだ。強い風で刈った草が吹き飛ばされるので風上から刈っていく。こちらも潅水は諦める。

 ブドウはちょうど新芽が出たところで一番霜の被害を受けやすいというがうつべき術が無い。プルーンを見て回ると今年は実付が凄く悪い。一時はそうでも無かったが全体に気温が低かったせいもあるだろう。今年はミツバチが飛んでこなくて、クマンバチが良く飛んでいたのをみた。こういうのは余り記憶にはありません。何とか遅霜になりませんように、ナンマイダブ ナンマイダブ・・・



スポンサーサイト


果樹栽培 | 20:58:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。