■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
信州の鎌倉
 少々お天気は良くないが「塩田平」へドライブした。塩田平とは上田の西側に広がる平地で「信州の鎌倉」と言われる。何故「信州の鎌倉」というのか? 良く判らないが多分鎌倉時代に繁栄したとか、天台宗などのお寺が多いとかいうことからのように思う。山すそのなだらかな斜面には田んぼが広がり、山すそにはいくつかの著名な寺院があり、北向観音の周りは別所温泉という長閑な好い場所だ。


 別所温泉でお蕎麦を食べて風呂に入って来ようという旅程で出かけた。川中島から一般道を走って小一時間、手ごろな場所だ。先ずは腹ごしらえをと、上田電鉄別所線の終点「別所温泉」駅にある観光協会の案内所で聞いてみる。案の定、いくつかあって迷ったが二つ!の蕎麦にチャレンジした。


H240423蕎麦の「美田村」の前で ひとつは「美田村」。ここは蕎麦が細いのが特徴で「田舎おしぼりそば」を注文。おしぼりとはダイコン(特に辛いダイコン)のおろし汁を味噌で味付けした汁のこと。ワシんとこではウドンをおしぼりで食べるがここは蕎麦にも使うのだ。
 もうひとつは「そば処 倉乃」というところの十割蕎麦、ここの蕎麦は太めなのが特徴。地元真田の粉をつかったのを食べたかったがもう売切れてしまったとのこと。蕎麦のはしごはちょくちょくやるが塩田平ではそれぞれ特徴の有る蕎麦を味わえて満腹、至極満足!


 温泉は旅館「中松屋」で日帰り風呂を楽しむ。こざっぱりとした旅館の展望風呂で硫黄泉を楽しむ。近くには大湯とか大師湯、石湯などという共同風呂があるが流石に温泉のはしごは疲れて帰路が心配なのでこちらは次回のお楽しみ。


 そろそろと腰を上げた頃から雨が小降りになってきたので欲を出して観光もした。
 先ずは「常楽寺」ここは天台宗の半田座主のお寺で庭の見事な赤松に見とれてしまった。続いて「北向観音」、これも古いお寺で南を向いている善光寺に対して北を向いている。この二つにお詣りしないのは片詣りということになるので善光寺とあわせてお詣りすると霊験新たなるんだそうな。
H240423北向観音の巨木「愛染カツラ」 北向観音の前にある「愛染桂」樹齢1200年の巨木。境内にある愛染明王堂とこの桂の木から発想を得て川口松太郎氏が「愛染かつら」を書いたんだそうな。確かにもの凄い巨木だ。


H240423前山寺参道の巨木 夕暮れせまる「前山寺」にもお詣り、これは別所温泉街から少し離れているが独鈷山のふもとにある名刹だ。巨木の参道を登る。三重の塔が優美な姿を見せてくれる。サクラは未だこれからだったな。今週末は見ごろになるだろう。ヒノキと松の巨木が参道の両側にそびえ、その間にソメイヨシノ、これもかなりの古木だが五分咲きの花が見える。今週末が見ごろか!?




スポンサーサイト


信州の風景 | 22:52:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。