■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平家物語琵琶紀行
 「平家物語琵琶紀行 長野公演」というのがあっていってきた。入場料が一人二千円というのが嬉しい。これは平家物語琵琶紀行実行委員会というのが主催したもんで、何か図書館の関係の人たちがやっているようだ。第一部と第二部に分かれて2時間40分ほどの出し物だった。


 第一部 講演  真田家嫁入本「平家物語に見る女人たち」
             長野郷土史研究会会長  小林一郎さん

     絵語り 「平家物語」灌頂の巻
             絵解き口演家      小林玲子さん

     群読  「祇園精舎」
             男女11人の人たち

 第二部 「平家物語」琵琶弾き語り
         「都落ち」
         「熊谷と敦盛」
         「壇ノ浦悲曲」
             琵琶弾き語り      谷口旭佳さん
                  筑前琵琶橘流日本橘会師範
             解説(民族・日本思想史家)田口欣一さん



H240221平家物語琵琶紀行 この企画がこんなに人気があるとは驚いた。一時間前についてしまったのだが駐車場まで車の列、30分前には前の良い席は埋まってしまったほどだ。

 謡曲「経正」の中で琵琶の名手経正の幽霊が管弦講の席に現れ琵琶を弾く。

       :
    月に雙(ナラビ)の岡乃松の
    葉風ハ吹き落ちて
    急雨(ムラサメ)の如くに訪れたり
    面白や折からなりけり

    大弦(タイケン)ハ嘈々(ソウソウ)として
    急雨乃如し
  
    さて
    小弦(ショウケン)ハ切々として
    私語(ササメゴト)に異ならず

    第一第二の弦ハ
    索々として秋の風
    松を払って疎韻落つ

    第三第四の弦ハ
    冷々として夜の鶴乃
    子を憶うて籠の中に鳴く
       :
    
 ワシは琵琶なんぞの演奏を聴いたことがないから琵琶の音を知らない。大弦や小弦、第一、第二の弦は高い音なのか低い音なのかも知らない。だからこのイベントに喜んで馳せ参じたのだ。謡の言葉の音を実感することはなかったが絵語りといい群読といい、この琵琶弾き語りといい、とても面白かったゾ。


 第二回は上田創造館文化ホールで3月7日に、第三回は3月22日にまつもと市民芸術館小ホールでやるという。中身が毎回少しずつ違うようなので、行って見ようかどうしようか迷ってしまう。



スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 22:48:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。