■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
謡初会
 正月第二日曜日は謡初会ということになっている。去年に続いて出席することができた。


 平成24年 謡初会  番組

   神    歌

    鶴    亀

    田    村

    東    北

    雲 林 院

      仕 舞
     屋   島
     羽   衣 キリ
     鞍馬天狗

  祝言
    岩   船



H240108謡初会 神歌は謡える人が米粒を噛んで火打石を切ってもらってから舞台に上がるということだ。残念ながらワシは未だそんな資格は無い。


 仕舞三番は先生、若先生と子供の三世代の舞だ。三世代が仕舞を同じ舞台で同じときに勤めるというのは滅多に無いことだと思う。こういう伝統文化の世界では結構なことだ。


 さてワシはというと祝言「岩船」のワキを勤めた。大役を頂いたのは結構だが結果は散々、反省ばかり。

 反省その一   息が一句の最後まで続かず尻切れトンボの謡いになった。
         家で練習したときは一息で一句謡えたのに・・・・!

 反省その二   剛吟で中-下ノ中-下と音が変化するのは謡いなれているはずなのに・・・・
         しっかり浮かせようと謡ったら謡い方を忘れた?

 「あの舞台には魔物が住んでいて時々悪さをするんだよ」なんて慰めてくれた人もいたが、やはり謡い込みが足りなかったというしか無いなア。こういう機会を与えてくれた人にも顔向けができないよ。



スポンサーサイト


謡曲・仕舞 | 22:30:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。