■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スローフードなファーストフード
 厳しい冷え込みが続いている。さすが鉄人のワシも夕べの飲み会が効いたのか、寒さのせいか今朝はくしゃみと鼻水が止まらない。こういうのは随分久しぶりやノー。雪もなかなか融けないのが嬉しい。このまま正月明けまで融けないでいて欲しいと思っている。何故かと言うと、庭の落ち葉や雑草が見えないでいるから。つまり手抜きができるということだナ。 But だな、寒くてストーブにしがみついているから家の中の片付けも出来ない、ということだから暮れは益々追い詰められるということになるナ。

H231227ソバガキ ワシらがつくったソバ粉、しかもこれは石臼引きだと! 手に入ったので早速「ソバガキ」をつくった。というかワシは鉄人の腕力で掻き回しただけなんだが・・・


 ソバガキはとてつもないファーストフードだ。ソバ粉を沸騰しているお湯の中にパラパラ落としながら掻き混ぜるだけだから。しかも昔から続いている蕎麦のもっとも素朴な食べ方だ。今のソバ切りという食べ方になったのは江戸時代?くらいでその昔はこうやって食べていたのだ。なんともスローな食べ物ではないか!


 つくり方を紹介しよう。

    ソバ粉   500グラム(4人前)
    水     1リッタ

 沸騰している湯の中にパラパラそば粉を落としながら、箸でも何でもいいから懸命に掻き混ぜる。マアだんだんに掻き混ぜるのが大変になったら当然ながら焦げ付かないように火を弱くする。パラパラ細かに落とすのは「だま」をつくらないため、懸命に掻き混ぜるのはきめ細かにするためジャ。


 そばつゆは普通にソバを食べるのより少し濃い目にする。あとは出来上がったそばがきをちぎってはツユをつけて食べるだけだ。きめの細かなそばがきはのどをストンと通り抜けて胃袋にドスンと落ちる。いくら食べても口は寂しいが腹にはズンと来る。ソバも好いがソバガキも好いなあ。是非ご賞味あれ。



スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 21:54:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。