■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サトイモの成長に関する観察
H231130黒豆と落ち葉 黒豆を収穫。今年は生りが悪い。花がたくさん咲いたように見えないし、実が入っていないのが多い。一年中食べていられるように種蒔きをしたつもりなので残念至極だ。 えっ 落ち葉しか見えないって? 良く見てください、少ししかないんだから。


 サトイモを全部掘りあげた。土が湿っていて掘りあげるのには余り好くないようだが、予報では今夜から雨模様になりそうなので仕方が無い。土を落としながら見ていると、成長の様子を見るのにいろいろあって面白い。


H231130サトイモの小芋の芽 いったいどうやってサトイモは小芋をつくっていくのだろうか? 土を落とし粗皮を剥いてみたらその芽らしいのが親イモに見つかった。他のイモではもっと小さいのも見つけた。大小があるところをつらつら考えるに、これはやはり小芋の芽であろう。


H231130成長した小芋 こういう芽が次第に大きくなっていく間に、肥料と水分がタイミング好く与えられると立派な小芋になるというわけだ。これは根も少ないのにイモは大きい。きっとグッドタイミングだったらしい、というのは未だイモが小さい間に根がいっぱい生えていたり、小さい小芋なのに芽が出ているのも見られるからだ。


H231130サトイモ小芋の完成 小芋に小芋がくっついて、しかも大きくなっている。どういうタイミングでこうなるのか見る術は無い。それが判ればいつも大豊作というところだが、そうは問屋がおろさない。


H231130サトイモ根から出た小さい親芋 こういう小芋が出てきた。親イモの根から伸びてきてそこに親?イモができた? Butだ、だいたいこれが親イモの根から伸びたということ自体が確認できていない。小芋を折り取っていたら見つかっただけだからナ。ピンセットか小さいおしゃもじのようなモンで少しずつ土を落としていけば判るかも・・・ そんな暇はありゃせん!


スポンサーサイト


家庭菜園の楽しみ | 18:30:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。