■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
素謡会
 11月素謡会、出し物は五番、

     三 輪
     実 盛
     葛 城
     三井寺
     融


 三井寺のワキツレという役をいただいた。時間の関係で中入から謡った、ということはいきなりワキとの「次第」同吟から始まる。続いてワキの「名ノリ」のあと「上歌」をまたワキと同吟。この中で「類ひなき 名を望月の今宵とて」の返しはワキツレが謡う。その後はずっと進んでシテ(母親)と子方(子供 千満)が再会したところの「カヽル」で一句ある。


 後は地謡の部分を謡うだけだから簡単かというとそうではない。今日の反省点は同吟の最初でワキと音程をうまく合わせられなかったということだ。なかなか難しいもんだで・・・

 24日は長楽会(長く謡を楽しむ会)があって、ワシは「通小町」のワキ役をいただいたゾ。しっかり練習して望むべし。

 また12月11日は温習会、一年の成果を発表する会なのでワシは仕舞「鞍馬天狗」を出す。先生に見ていただけるのはこの後一回だけ。仕舞は5人がそれぞれ舞うが、地謡は「共地」といって舞う人の謡を残る4人が謡うのだ。申し合わせがあるし、自分が既に練習したことがある仕舞だとはいえ、謡を完璧に覚えておかなきゃイカンし自分の舞があるわけだから相当のプレッシャーがある。ノミの心臓のワシとしては温習会が終わるまで眠れない日が続きそうだ。



スポンサーサイト


謡曲・仕舞 | 21:34:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。