■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新そば
 アレチウリの草取り、コンバインによる収穫、力自慢の玄ソバ乾燥といろいろあったが、今年のソバうちはいよいよ苦労の成果を楽しむところとなった。今日は新そばうちだ。 新そばを楽しみにしていてくれる人が何人もいるから自然と肩に力が入る。


 一回1キロの粉で二回、つまり2キロをうつ。つまり800グラムの新ソバ粉と小麦粉200グラムの粉に450グラムの水を基本として二回うつのだ。


 一回目(部屋が寒かったのでストーブを焚く)
    水は25グラム残して(435グラムの水で)捏ねた。少し固めカナ?というところだ。手で丸く
   延ばしてからのし棒で更に延ばす。途中で ン? はてソバって何時四角にするんだっけ?
   情ないことにウドンのように丸く延ばしてしまった。いくら四隅を延ばそうとしても、もう
   ダメ・・・  一度リズムを崩すと元に戻すまで時間がかかるのが初心者の悲しさ。切るのも
   動揺している心のままに太さはバラバラ、こりゃ今までのように大きな顔をして見せられんな
   あ。 ウドンの呪縛から逃げられないなんて!!


 気合を入れなおして二回目(部屋が暖まったのでストーブを消して)
    水を16グラム残して捏ねてみたら、何と何時までもベタベタと粘つく。どうも室温が上がっ
   て水廻りが良くなったようだ。仕方なくできるだけ細かにちぎった上に増量剤のソバ粉を振り
   まいて捏ねなおし。これは師範の指導もあって延ばしてから畳むところまではまずまずの進行!



H231109新そばうち 切ったときにソバが焼きもちを焼いているようにスパッと切れていないのは打ち粉がうまく撒いてないのだ。そこで上にも下にも打ち粉をたっぷりとした。失敗を直ぐ反省して次に繋げるのがワシの好いとこだ。


 ところがどっこい。厚く撒き過ぎたら今度は包丁がちょくちょく滑ったようになる。しかも太さはバラバラだ。これは上からタップリ振ったうち粉のせいで包丁がしばしば横に滑ったようになったためだ。結局二回目も太さのばらつきがあってワシとしては不満足な出来であった。蕎麦打ちの難しいところはそれぞれの段階が全てきちんと出来ていないと出来上がりに現れてしまうところだ。マア次回の新そばうちを見ていてくれ。


 
スポンサーサイト


趣味・道楽、そしておとこの遊び | 23:16:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。