■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
収穫の秋・・・その3
 夕べのうちに連絡があって、朝から「とうみ」を使ってゴミをきれいにしようということになった。「とうみ」とは何か? お米を作ったことのある人は判ると思うが、お米を脱穀してから風を送る機械にかけてゴミと玄米とを別ける機械だ。広辞苑で調べたら「農具の一。穀物を精選してシイナ・籾殻・塵芥などを除去するもの。・・・」とあるからこれは標準語だ! わしらの場合は同じ機械を使って玄ソバにしようというのだ。


 自家用のお米を作っている人はこの「とうみ」を使っている。見たらブリキで作ってコンパクトなものだった。ワシの家にも昔、木で作った「とうみ」があったので懐かしく思い出した。しかし、これで1トン以上もの蕎麦を精選しようというのかと腰を抜かしたが、とりあえず新蕎麦を打つ分だけやって後は農協へ頼もうということで一安心。



H231028玄ソバ とりあえず先日乾燥させた袋から7袋だけきれいにした。やっとみんなで分担が何となく決まってスムーズに動き出したらもうお終いだ。マア何でもそんなモンだ。


 ところで粉にするのは外注するから、袋に詰めるときは台秤を使ってきっちり30キロ入れる。そうしたら驚いたわナア、乾燥させたときに30キロは重過ぎるからと20~25キロくらい詰めたと思っていたのが、ちゃんと30キロの上入れてあったんだな、これが。ワシの腕力も捨てたモンじゃない。


    村の渡しの船頭さんは

    今年70のお爺さん

    齢をとってもお舟を漕ぐときは

    力いっぱい 櫓がしなる

    それ やっとこ やっとこ やっとこな




スポンサーサイト


趣味・道楽、そしておとこの遊び | 20:28:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。