■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
放任した日本ミツバチのツケ
 台風一過の川中島はオテントサンが顔を見せても風が冷たいのでくしゃみが出るほどだ。このくらいが秋らしくてスポーツの秋というには絶好の天気だ。昨日の運動会を今日に延期した我が母校、昭和小学校もさっき終わったらしくて子供たちが賑やかに帰ってきた。


 春からずっと思い出すと気になっていた日本ミツバチのこと、もうどうしても今やらなきゃイカンと追い詰められてしまった。それでワシのミツバチの先輩、山口君に聞いたら一日二枚くらいずつ巣枠を整形して、全部の巣枠を整形してから巣箱を替えればいいでしょうといわれて目からうろこだった。一度に全部やろうとばっかり考えていたので、失敗したら困るとばかりで手が出なかった。人には聞いてみるもんだ。そういえば前に山口君にそう聞いていたなあ。



H230924廃墟となった巣 一号巣の残骸。イの一番の巣箱で、去年いっぱい分封したときに一番と名づけた巣箱なのにこのザマだ。一番目に付くところにあって注意していたのに、熱かった夏の盛り頃から急に衰えていた。

       さてハこの巣箱ハ
       古(イニシエ)一号巣とて
       日本ミツバチの舊跡かや

       傷はしやその身ハ土中に埋もれぬれども
       名は残る世のしるしとて
       変わらぬ色の箱ひとつ
       残骸を秋に残す事の哀れさよ

       かやうに取り出だして 眺むれば
       げに秋の日の習いとて程なう 暮れて候
       


H230924ミツバチ巣手入れ 斯くなるうえは二号巣もや、と覚悟して蓋を取ったら、あヽ。こちらは想像以上に元気だ。蓋にまで巣をつくっていた。とりあえず順繰りに巣枠2枚だけ整形した、といっても思い切った整形までは手が動かない。飛び出したところだけ切り取った。それでもハチミツがぼたぼたと落ちて、あ~もったいない。


 それにしてもミツバチの巣と蚊は相性がいいのか、マアいるわ、いるわ。ワシの両手がふさがっていることをいいことに吸い放題だと、この憎たらしい蚊め。


H230924中華麺うち 蕎麦クラブでは今日、中華麺に挑戦。今日は片栗粉を使わず、中力粉を使う。さらにかん水13グラム、色づけはクチナシの実を煎じておいたのを使った。今晩のディナー?は「中華蕎麦」


スポンサーサイト


趣味・道楽、そしておとこの遊び | 19:16:05 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
お見事!!
秋こそ「謡曲」の季節です。しかしニホンミツバチの巣箱の残までをお謡いになるとは! シャッポどころか何にかも脱いでしまいたいほど敬服いたしました。バアさんでは願い下げでしょうけど。
また、謡の会を抜けでアレチウリ退治に出かけるという心意気が嬉しいです。
秋は実りの季節。小さな小学生が、お日様に可愛がれ、時には雨風に打たれ、紅くなったり青くなったりして、ようやく辿り着く境地。ヒロちゃんは「秋」はたけなわですね。
お蕎麦に国境なし。細く長く、こしのある人生をたぐっていきましょう!
2011-09-26 月 14:25:32 | URL | お蕎麦大好き [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。