■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
何とか無事に実りの秋を迎えたい
 兎に角、肌寒い。大した降りではないがずっと雨が降り続いて、畑仕事も果樹の面倒見も儘ならない。この時期は農業関係で堰の藻刈りと二百十日のお祭準備がある。農業用水路に藻が茂って水の流れが滞らないようにするのが「藻刈り」、無事収穫にこぎつけられますようにという二百十日の灯篭揃いで使う灯篭の修理をするのが「灯篭貼り」だ。


H230821藻刈り 今朝の藻刈りは雨の中。いつもなら中腰で汗だくになってやる重労働だが、このところ水量が多い所為か藻があまり生えていないので助かった。フナやカエルがいっぱい見つかるのに今朝は全然見当たらなかったなあ。


H230821灯篭貼り 今年は当番組(自治会長以下の役を出して町内の面倒を見る隣組)なので、町内の家々で灯篭が破れていたら集めて紙を貼り直し、字を書き直してあげるのだ。今年は3軒から灯篭を貼り直してくれとリクエストがあった。公民館に集まって慣れない手つきで始めて(何しろ5年に一度の仕事なので)、要領を思い出したところでお終いだ。


 全く、こんな調子で豊作になるんだろうか? オテントサン頼みの農業者としては心細い限りだ。



スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 21:11:11 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
Re: 何で灯篭なんですか?
川中島を流れている川は農業用水なんですね。昔、花井もんど(字が出てきません、失礼!)というお侍が頑張って農業用水として整備したんですね。川中島音頭という唄に出てきます。だから水が無駄に失われないように、用水は3面をコンクリートでしっかり固めてあります。ここを泳いで上がるフナや鯉は相当な体力を要求されるんでしょうね。でも、それがいるんですよね。年々フナが大きくなって数も増えてきていると感じていました。それが今年はまるで姿が見えなかった! 余り寒いんで千曲川の淀みで片寄せ合っているんじゃないでしょうか。
2011-08-23 火 22:36:22 | URL | ひろちゃん [編集]
何で灯篭なんですか?
メールより気分が出るのでやはりコメント欄に書き込みます。

子ども頃は、二百十日には「台風よ来い来い」と大嵐を待ちわびていました。東京ではゼロメートル地帯以外は、立木が倒れ学校が休みなるだけでしたから。

でも地方では、春からの労働がすべて無に帰してしまう台風だったのですね。
神にも仏にも収穫を祈りたい気持ちが、灯篭揃い?の行事から伝わってきます。

21世紀の今も、灯篭が破れたら地元の人が貼り直す作業が続いているなんて、川中島の皆さんが物心両面で恵まれている証拠です。
秩序に押しつぶされない自由さもあります。「要領を思い出したところで、お終いだ」がちょうどいい。長く続く秘訣かもしれない。

農業用水では藻は困りものですが、ウチの前の「丸子川」では、藻がないと昆虫や鳥が来なくなるので、「自然を頭で愛する我が家としては」行政に頼んで藻を刈らないようにして貰っています。

その土地土地で自然との関係が異なることは井の中の蛙ではわかりません。ひろちゃんブログで知らず知らず知識が増えてきます。どうもありがとう。




2011-08-23 火 09:03:01 | URL | 野分 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。