■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
四つの遺跡めぐり
ご無沙汰しています。日本はまだまだ暑いようですが、こちらは7月の始めから暑くなり、今暑さが和らいだようです。8月1日からラマダンで日中店が開いていないので観光地散策はやめにして家にいます。夏の暑さは覚悟してきたんだけど、意外と過ごしやすかった。外は40度以上になったけど、家の中は31度止まりでした。夜は30度こえることは無い。東京より過ごしやすかった。海が綺麗で、気候良いので、ヨーロッパからの観光客が多いのもうなずけます。内陸の砂漠にちかくなると夏は暑く冬は寒いらしい。こちらの人に夏はこちらの海岸沿いに居て海水浴楽しむのが一番と言われました。こちらはイタリアに近く、フエニキア時代シシリー島はカルタゴの領土でした。



EL DJEM の遺跡
ローマ時代の円形闘技場は壮大なもので、保存状態も良いようです。ここから徒歩10分程のところにある、博物館はモザイク絵とローマ時代の住居跡があり、まだ整備されていないのか、モザイクの床の上も我々が歩くことができる。
H230820円形闘技場外観   H230820モザイクの通路
  円形闘技場外観                 モザイクの通路


カルタゴの遺跡
カルタゴの遺跡は首都チュニスより12kmのところにあり、数箇所の遺跡が残っていますほとんどはローマ時代の遺跡で、フエニキアの植民地としであった、カルタゴの遺跡はほとんど残っていない。今のシリアにあったフエニキアは早くに滅ぼされたがカルタゴはハニバル将軍がローマに負けるまで続いたのです。

H230820ローマ人の住居跡   H230820アントニュースの共同浴場
  ローマ人の住居跡               アントニュースの共同浴場



ICHEKEUL国立公園
チュニジアには8ケ所の世界遺産がありますが、ここも世界遺産の1つです。他はフェニキア、ローマ、アラブ時代の遺跡ですが、ここは自然環境が世界遺産になっています。今は乾季で湿地帯干上がっていますが冬の雨季には沢山の野鳥がヨーロッパの方から飛んで来たそうです、今は飛んでくる野鳥の数が減っているそうです。自然破壊の象徴なのか、観光地としては、不評です。綺麗な場所ではないからです。世界遺産指定前からの住んでいる、農民が3軒みえました。昔ながらの牧畜で生活しているようです。交通の便が悪く、帰りの車3時間程待ちました。本当は冬来るのが良いのですが、多分寒くて参るでしょう。

H230820イシェル湖砂漠の砂の黄色の水   H230820イシェル湿地帯乾季で干上がっている
  イシェル湖砂漠の砂の黄色の水     イシェル湿地帯乾季で干上がっている


H230820kerkouane6.jpg KERKOUAN遺跡。ボン岬の尖端にあるKERKOUANはフエニキア人の遺跡はローマによって破壊さるるなか世界で唯一のこっている遺跡です。ここは職人と商人の町だったらしい。



スポンサーサイト


顕広のチュニジアレポート | 22:19:00 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
もう危険なことはないのでしょうか。
信州ののどかな(といったらひろちゃんに怒られそうですが)農業生活の中に、時折吹き込むチュニジアの熱く乾いた風。普通の海外レポートとは一味ちがいます。
青く美しい海やおいしそうなマグロが夢のように思えたり、それこそチュニジアだと頼もしく感じたり・・。平和ボケの日本人である私にとって、とてもありがたい顕広さんのページです。
昔、イタリアでの暮らしを経験していますので、今回のローマ遺跡にはことのほか興味がわきました。「モザイクの通路」をぜひ歩いてみたい。

2011-08-22 月 06:58:29 | URL | 狂花 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。