■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
迎え盆
 13日は旧盆、どういうわけか7月13日ではなくて8月13日が一般的なお盆。現役のときでも会社の夏休みは旧盆の時期だった。いまでも帰省する自動車や鉄道の混雑を報道するのは旧盆だ。ワシ等の現役の頃は帰省意識が強くて、押し競饅頭してでも何時間立ったままでも兎に角お盆には帰省したもんだった。それは正月もそうだったなあ。だんだん田舎を離れて時間が経つと帰省意識は低下するモンだが。


H230813迎え盆 遠くから来る人は比較的早い時間から、近くの人は夕方暗くなり始めた頃から、お寺の自家の墓へお花や、お線香に樺を持って故人を迎えに来る。お墓に水を上げてお花を供え、お線香を上げお墓の前で樺を焚く。そして「ジイヤン、バアヤン。この明かりでおいらい、おいらい」と唱えるのだ。そして家に帰ったら迎えたご先祖様達と一緒にお祝いの膳を囲む。これがここらの迎え盆の風景だ。


 家では普通、仏壇とは別に(ワシんとこでは狭いから仏壇の中に)盆棚をつくり、前には盆提灯を飾る。そして今頃採れる野菜、果物やお料理を供える。が、今年の我が家は省略して迎えた孫どもとのお祝い膳だ。臨機応変・・・


スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 21:46:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。