■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
除袋
 昨日で川中島白桃の除袋を終えた。やろうと思えばすぐ終わるほどの量なのだが、「今やっているのは川中島白桃なんですか!」などとぼけた質問をしても、自分の川中島白桃の除袋をするところまで頭が回らない。この種類は川中島で開発された品種だが、その名のとおり「白桃」だから色付けをしないと白桃だ。


 色付けをするには袋を掛けておいて青みが抜けた頃除袋をする。そして日光に十分当ててやると赤く色づいて甘みも十分のってくる。除袋をするタイミングが悪いと好い具合に色づきしないのだ。というわけでこの暑さの中で急いで除袋をしたのだ。



H230812川中島白桃除袋 青みが抜けて色白の深窓の令嬢が姿を見せた。このところの干天で粒の伸びが悪い。数日おきに水遣りをするが「焼け石に水」状態だ。


 除袋をしたら、悪い虫が付かないように直ぐに殺菌剤を散布する。今朝早起きしたのに殺菌剤が無くなっている。孫が来てテンヤワンヤやっていて買ってきておくのを忘れていた・・・・


 ところで自然の風がこんなにも気持ちが好いのだと改めて感じた。外猫のゴンベエが亡くなってから、タローの餌を盗られる心配が無くなったので網戸を閉めなくても良いのだ。日中は照り返しがあるのだが、朝は戸を開け放しておくと風が通って「これが信州なのだ!」というくらい気持ちがよい。早起きは三文の得、間違いない。


 そういえばこの盆はゴンベエの新盆だな。






H230813ヒョウ害に遭った白鳳   除袋したばかりの川中島白鳳、強風で破けたところは色づいているが問題は袋の上からたたきつけたヒョウの跡だ。こんな良い粒でも傷が付いていれば「ワケ有り商品」というワケだ。
スポンサーサイト
果樹栽培 | 21:29:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。