■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
赤倉スキー場のワラビ採り
 昨日はネット接続がうまくできずブログ更新を断念した。このトラブルはさっきモデムの電源オフオンで復旧した。自然復帰というヤツだな。


 午前中は蒸し暑くて予報どおり34度くらいになったと思う。遠雷で昼寝から目覚め急いで農機具をしまいこんだところで夕立がやってきた。今日は梅雨明け? とすると梅雨明けを祝うに相応しいダイナミックな降り方でしたヨ。


 「忙中閑有り」なのか「閑中忙有り」なのか言いようが無いが、7日から一泊二日で以前何回か通った赤倉温泉へ行って来た。ところが妙高・赤倉のあたりは濃い霧が良くかかるところだ。7日も例によって赤倉スキー場は霧がかかっていたのでワラビ採りは8日にやった。つまりこの赤倉行はワラビを採りに行って一杯飲んでくるのが狙いなのだ。



H230707霧の赤倉スキー場 長野県と新潟県の境を関川が流れている。日本海からたっぷり水蒸気を含んだ風が国道18号線なら県境にある妙高山などの連山にあたって、冬なら大雪を降らせる。だから関川の長野県側なら野尻湖・斑尾山、新潟県側なら妙高・赤倉のあたりはスキーで知られるし霧もしょっちゅうかかる。いつだったか、おたや会で来たときは隣のホテルが見えなかったことがあったなあ。


H230708赤倉スキー場でワラビ採り 白熊が出現!ではない。仲間がワラビを採っているのだ。ワシらのワラビ採りスタイルは、というと長靴に長袖のシャツ、手っ甲に帽子、首に手拭いを巻く。手にビニール袋を持ち、リュックを背負う。ビニール袋の代わりに昔丁稚どんがかけていた前掛けを二つ折りにして袋に縫ったのを前に掛けると傍目には本職と見えるだろう。マアそこまでしなくてもワラビ採りは安全に楽しめる山遊びなのだ。


スポンサーサイト


信州の風景 | 17:50:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。