■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
KAIROUANの旅
6月11日、12日と中部内陸にある、古都KAIROUANを旅しました。
H230617 KAIROUANグランドモスク この町には北アフリカ最初のモスクがあり、世界遺産になっています。メッカ、メデイナ、エルサレムに続く第4のイスラム教の聖地で、7回訪問すると、メッカに行ったのと同じ効果があると言われます。現地の人の説明によると、なぜこの地のモスクを建てたと言うと、西の山岳地帯には、ベルベル人(原住民、原始宗教を信じる)、海岸のSOUSSE、MONASTIRにはローマ時代からのキリスト教徒が住み、その中間に山から水を引き、イスラム教徒の町を作ったとのこと。


H230617 ホテルのプール この世界遺産の中にある、KASBA(実力者の住居)に作られたホテルLA KASBAHに泊まりました。観光立国のチュニジアでさえ遺跡の中にホテルがあるのはここだけらしい。


H230617 ホテルの部屋のタイル この地唯一の5つ星ホテルで壁はグランドモスクと同じ模様のあるタイル張りで、古い中にも、落ち着きがあり良いホテルでした。料金は朝食付きで85DT(5100円)手頃な値段でした。(注:インターネットで海外から予約すると、1万5千円から2万以上する。メールで直接ホテルと予約した方が安い。電話で確認したところ、ここのホームページの予約サイトは機能していなかった。)


H230617 kairouan らくだ 町のところどころで日本語が飛び交います。


貯水池の管理人が話していましたが、毎日日本人観光客が革命前は訪れていようで、今は誰も来なくなったと嘆いていました。外務省の危険レベルが下がらない限り難しいところです。
メジナの中は他の地区のメジナと比べると綺麗に整備され、良い印象を受けました。
夏はかなり熱くなるらしく、夏は行かないように、モクニンの先生からは、注意受けました。



H230617KAIROUAN パン焼き窯 パン焼き窯


H230617KAIROUANパン パン


スポンサーサイト


顕広のチュニジアレポート | 23:09:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。