■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
立春から数えて88日目
 今日は八十八夜だ。これから農作業が本格化する。去年はこのゴールデンウイークにたくさんの野菜苗を買ってきて植えた。付近の景色も花から新緑へこれから変わっていく時期だ。実に快適なシーズンの到来だ。


H230502八十八夜斗女神社養蚕社での神事 「夏も近づく八十八夜 つんつん ・・・」立春から数えて88日目の今日はワシらのとこでもいろいろの神事があった。(朝6時からの神社のお掃除は置いておいて)10時から斗女神社境内にある「養蚕社」での神事。昔からこのあたりの農家はお蚕さんを飼っていた。「八十八夜の別れ霜」なんぞというがお蚕さんの食べる桑の葉は霜に弱いので、遅霜で桑の葉が枯れてしまうと死活問題だ。そこでこの養蚕社は「遅霜が来ませんように」と神さまにお願いするのだ。


H230502八十八夜稲荷社での神事 引き続いて斗女神社から50メートルほど離れたところにあるお稲荷さん「稲荷社」での神事。ここはもとこのあたりの地名になった「戸部三郎」の館のあったところでもある。お稲荷さんは農業の神さまでもあって五穀豊穣を叶えてくれる大事な神さまである。


H230502八十八夜伊勢社雨の宮風の宮社での神事 次は11時から伊勢社にある「雨の宮風の宮社」で神事。この祭神は「志那都比古神、志那都比賣神」でその社名のとおり雨風がちょうどいい具合で、災いにならない程度にしてくださいと祈るのだ。今年は例年に比べとても風が強く吹いて雨も多いような気がする。折りしも今日は長野市に初めて黄砂が飛んできたということで、西の山が霞んでいる。何とかほどほどのお天気の年になって欲しいモンだ。


スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 13:37:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。