■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
チュニジアに戻って
ご無沙汰しています。時々ブログ読ませてもらっています。当方日本に一時帰国していましたが、4月26日よりチュニジアに戻ってきました。
まだまだこの国大変な時ですが、日本同様良くなること望みます。
時々日記送ります。何かこちらで見たこと感じたこと書くつもりです。
ではまた。



2011年4月30日
17:00

Moknineに来てから4日経ちました。この小さなチュニジアの町3ケ月振りです。1月19日革命騒ぎでボランテア全員の国外退避が決まり、最後に残った、SFAXの人と2人が同じ便でパリに向かいました。
退避するとき、今後問題になるだろうと予測していた、治安警察がまだ街では見かけない。役所は軍隊が守っています。
去るときいた自警団はみられなくなりました。チュニスでは警官の姿が見られるようになったとのことで、そのうちこの街でも見るようになるかもしれない。治安警察の国民に対する弾庄で、ひどいこともあっただろうが、それなりに治安は守られていたのです。これからこの国がどう変わるか見守っていきたい。
略奪にあった、唯一のスーパ、前と同じように営業していました。ただし、破られた窓が全てコンクリートの壁で覆われ、入口はシャッターから厚い鉄の扉に代わりまるで要塞化したようです。鉄板を窓、入口に溶接して塞いでいた、金物屋は頑丈な扉に変わっていました。
日本も今回の地震で環境は変わるのでしょうか?






スポンサーサイト


顕広のチュニジアレポート | 18:04:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。