■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平重衡(たいらのしげひら)と千手(せんじゅ)
 謡「千手」の稽古が終わった。終わったといってもマスターしたということではない。通して一度謡って指導してもらったということだ。「千手」は生け捕られた重衡のもとに頼朝から遣わされたうら若い娘である。鎌倉での重衡と千手の交情を描いたのが謡曲「千手」だ。平家物語には重衡の話しがあちこちに出てくる。


 重衡は清盛の子で、清盛から命令されて興福寺をはじめ南都を炎上させた張本人、一の谷の戦に破れ落ち延びる途中、自害する前に生け捕られてしまう。「千手」は囚われた重衡が鎌倉に送られた間だけの話しだが、平家物語では一の谷の戦から生け捕られるまで、生け捕られてから以前に交際していた民部卿入道親範のむすめとの逢瀬、頼朝の命により鎌倉へ下る話し、「千手」との話し、南都大衆の身柄引き渡し要求により都に送られて途中北の方(この人も壇ノ浦で死に損なって姉の許に身を寄せていた)とひと目合わせてから切られるまでの話しが出ている。


 重衡は戦の模様からみても、囚われたのちも毅然とした態度で頼朝からも評価されたということからも、なかなかの人物だったようだ。なかなかの人物だったのは異性との交わりでも言えるようだ。京都では古い家来の骨折りで「年来あひ具したりし女房」と別れを哀しむ。この女房はのちに出家して彼後世菩提を弔うのだ。鎌倉で重衡を慰めた千手は彼の死後、善光寺で出家する。南都へ送られる途中で武士の情けで会うことの出来た北の方は、頸を刎ねられたむくろを取り返し、また手を尽くして頸も取り返し墓を作ったうえ出家するのだ。


 ウ~ム 頼朝でさえ惚れた好いオトコというのはオンナまで道連れにしてしまうのか! それも三人も。時代が違うからといってしまえばそれまでだが、それにしてもそこまで惚れ込まれるというのは羨ましいねえ。



スポンサーサイト


謡曲・仕舞 | 23:23:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。