■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
蕎麦の収穫祭
 エコーンファミリーとそこの蕎麦栽培のお手伝いをした川中島小学校6年生とで収穫祭をやるという。蕎麦の収穫祭といえば「そば打ち」、手伝ってネと言われれば断る筋合いではない。


H230131川小そば収穫祭 石臼やこんな道具で蕎麦をひくんですよ、というのも少々体験してみる。勿論、今日使う蕎麦は事前に農協の大岡にある製粉所でひいておいてもらった。


H230131蕎麦を捏ねる 恐る恐る蕎麦をこねる。6年生では力も少々足りないが、みんなでかわるがわる捏ねてみた。


H230131そば収穫祭試食 蕎麦を切るのもやってみた。太目のウドンのような蕎麦になったが、それでも打ち立ての蕎麦は美味い。二八蕎麦にして粉1キロに水450グラム。10人前くらいかな、6人くらいでペロリ平らげてしまった。





 ワシらは応援部隊でしたので、話しを聞いたら嬉しい話があったんですナ。

 エコーンファミリーの子供達が作って売っている豆腐の原料である大豆の蒔き時を逃してしまい、代わりにサポーターの人たちのアイデアで蕎麦を蒔いたんだそうです。それを川中島小学校6年2組の子供たちがお手伝いをしてくれたんだそうです。折角だからその蕎麦で収穫祭をやろうと計画して、ワシらのところにそば打ちのお手伝いの話しが転がり込んできたんですな。

 最近の子供達はなかなか刃物を使うことがないので、蕎麦を切るのは上手く出来ませんでした。それもマア当然といえば当然、ワシだって最初はこれは「ウドン」ですか?なんぞと家族に聞かれたくらい難しいんだからネ、エヘン。



スポンサーサイト
信州川中島の風景 | 22:18:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。