■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
こたつに嵌まって読書三昧としたいが
 平家物語はようやく巻第八を読み終えた。


 都落ちした平家は九州大宰府に落ち着こうとしたものの、豊後の住人緒方三郎維義に反抗され、柳ヶ浦より海上を長門経て讃岐八嶋に陣を構えここで勢力を回復しつつある。一方、都では「朝日将軍」我らが木曾義仲は公家殿中のしきたりにとらわれない(知らない)剛の者であるが、讒言と誤解があって院宣により賊となってしまった。

  パ パン  パン  パン  (講談のつもり)

     :
     :

 源氏物語より後代の作品だし、話し言葉で書かれているので今の言葉により近いから読みやすい。木曾義仲は信州は木曾で育った有名人だが都では評判が悪かったらしい。謡曲では「兼平」や「巴」の中でその最後の様子を描かれている。平家物語で実際読んでみると、確かに公家やしきたりを知らない田舎人だが、形式に囚われない素朴な人柄も感じる。


 後代の人によって語り物として作られた作品だからかどうかは知らないが、一方的に悪く描くのではなくて、いいところと悪いところをちゃんと書いているのが人間的で好いですね。「おぬし、悪やのう。ぐわっはっは」というのではないんです。


 時間があれば一気呵成に読んでしまいたいところだが、日中は早く仕事をせよと言わんばかりの天気で、なかなか読み進めない。これから一週間ばかりは気温が下がるようだが、どうせなら「雪よ、降れ。風よ、吹け」。ウンと荒れた天気になって欲しいモンだ。



スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 21:53:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。